韓国弾丸旅行
27日(水)の朝から韓国はソウルに行き、29日(金)の11時半に帰ってきました。
到着時のソウルは街の全域が浸水し、犠牲者が出るほどの大雨でした。
そんな中、知人の仕事に帯同し、仕事ゆえ観光も無く街を駆け回りました。

ホテルに到着して、夜ご飯を食べに行った先は鶏料理専門店でありました。

FCB Chikin Baengi 生ビール2500W

FCB Chikin Baengi 鶏唐揚げスイートガーリックソース16000W

FCB Chikin Baengiというファミレスのような店でした。
鶏唐揚げガーリックスイートソース16000W(約1200円)を注文。
生ビールは2500W(200円)を2杯も飲んでしまった。

ロッテ免税店では韓流スターの看板と一緒に記念撮影する日本のオバちゃん。

ロッテ免税店入口の韓流スターの看板と撮影する日本人女性

意外に関西弁が多く聞こえ、やっぱ大阪のおばちゃんはすごいな~(笑)

2日の夜はローカルエリアの焼肉店で豚の首の裏や辛い豚の皮の焼肉です。
キムチ鍋の豚肉煮込みって感じが人気らしいので注文しました。

韓国焼肉豚の首の肉

韓国焼肉で辛い豚皮とキムチ鍋豚煮込み

韓国焼肉でキムチ鍋豚煮込み乗せ丼

キムチ煮込み鍋の具をご飯と韓国海苔を混ぜて食うのが、この店の人気。
この辛さと海苔と豚肉の甘みや旨味でめちゃうま!!!

そのあとに屋台でラーメン注文したら辛ラーメン3000W(230円)、
ほんまにインスタントラーメンで作るんや(笑)

韓国ローカル屋台街

韓国ローカル屋台で辛ラーメン3000W

自家製の韓国一味をたっぷり入れて味付けし、具はネギくらいです。
物足りないのでつけ合わせのキムチを入れていただきました。

韓国ローカル屋台で辛ラーメン3000Wキムチ混ぜ

こちらのキムチは古漬けで、酸味が効いてるので温かい料理に合います。

食事もほどほどに、近所の小さなバーを回り、相場観を勉強しました。
バーは韓国のボトルビール5000W(400円)でコンビニの2倍、
韓国のコンビニ比較でいくと、日本と同じ料金のつけ方かな。

FC2Blog Ranking クリックポチッとクリック応援お願いします!

スポンサーサイト
【2011/07/28 22:00 】 | 中国・韓国旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
上海5日間上海後編
いろいろ食べ歩いて楽しんだ上海も最終日となり、もう少し滞在したくなった。
上海郊外にはいろんな運河の街があり、風情もあるが今回は行けなかった。

上海市内にも運河を感じられる場所があるというので行ってみることにした。
七宝老街は地下鉄七宝駅を降りてすぐにありました。

七宝老街入口門

七宝老街運河

七宝老街飲食街

七宝老街焼鳥

商店街には焼鳥や小龍包もありましたが、気になったのは湯団子です。
大きな鍋の中でいろんな種類の団子が浮かんでいます。

七宝老街湯団店

七宝老街湯団店1個2元

七宝老街湯団店4個の団子

1個2元であんなたくさんの団子から種類を判別してすくえるのがスゴイ!
スープは普通にお湯、団子は餅で中身は肉やら種類が豊富。

そしてタクシーで移動して格式ある上海龍華古寺へお参りしました。

上海龍華古寺

上海龍華古寺境内

上海龍華古寺仏像1

上海龍華古寺仏像2

上海龍華古寺仏像3

時間も押して押して、お土産を買いに上海老街へ向かう時に老西門の路地裏へ。
昼食を食べる間もなく、玉子と小麦のネギ焼1.5元。

老西門路地裏

老西門路地玉子焼き1.5元

お土産で両手がふさがり、ふらふらになりながらも最後の観光です。

上海初日に行った観光名所の外灘からタワーのある浦東へのトンネル、
ケーブルカーでイルミネーションの隋道(トンネル)を移動します。

外灘観光隋道ケーブルカー

外灘観光隋道イルミネーション

上海のタワーを真下から見て、気づけばフライト2時間半前でした。
地下鉄を乗り継ぎ、リニアモーターカーに乗って空港へ。

上海タワー東方明珠塔

空港リニアモーターカー

時速300kmに到達するリニアモーターカー、あっという間に空港。
駅を降りるとKFCやらローソンがあり、ここは関空?って思った。

上海浦東空港駅は関空

ようやく食事にありつけたのは保安検査を通り抜けた空港ロビーでした。
このセットで58元、いままでのB級グルメ感覚から高く感じる。

空港のセット58元が高く感じる

餃子の味も悪く、皮も厚くて硬いし、野菜もしょぼくて残念でした。

あまり期待してなかった上海、以外に楽しくて満足の旅になりました。

FC2Blog Ranking クリックポチッとクリック応援お願いします!

【2010/12/06 20:00 】 | 中国・韓国旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
上海5日間上海中編
夜の徘徊も慣れてくると飲む量が増えて、起きるのがしんどくなります。
かと言って日本人が想像する「おねえちゃん買い」はしませんが。
本当にバーやCLUBをハシゴするんで日本の週末って感じでした。

今日は厳かにお寺巡り、都会のど真ん中にどデカい寺がありました。

静安寺横はそごう

静安寺境内で拝む

静安寺裏街頭豚饅屋

静安寺をお参りした後は近くの食堂でランチ、横の豚饅屋で豚饅を買う。
1個1元でもしっかりした味で、ボリュームもあってうまい。

静安寺裏街頭豚饅屋1個1元

そして食堂では辛味の効いた牛肉ラーメンと鶏ダシのお粥をいただいた。

静安寺裏の食堂牛肉ラーメン

静安寺裏の食堂のお粥

こんだけ食ったのに、また小龍包が食べたくなって、焼小龍包の店へ。
ガイドブックにあった小楊生煎館本店は立ち退き?

小楊生煎館本店は立ち退き

いろんな人に聞きながら、近くに移転してるという情報を得たので移動。
そこにはスタバや吉野家、ユニクロがあり、日本を感じました。

南京西路SCスタバ

南京西路SC吉野家

ようやく見つけた小楊生煎館、ん?昨日行った店に似ていると思ったら…
偶然にも昨日行ったのは支店だということに気づきました。

南京西路SCへ小楊生煎館本店は移転

小楊生煎館本店焼小龍包5.5元カレースープ7元

本店はカレースープ7元があり、あっさりした味でコンソメスープっぽい。
焼小龍包は5.5元と変わらず、本店らしく古い皿のままです。

小楊生煎館本店焼小龍包1個

小楊生煎館本店焼小龍包肉汁たっぷり

小楊生煎館本店焼小龍包熱い

片面だけカリッと焼かれ、皮はもっちり柔らかで、噛むと肉汁がドバッ!!!
メチャ熱い、一気に食ったら口の中が大火傷してしまいます。
もう、この焼小龍包のとりこになってしまいました。

そして、この店の前には心斎橋にもある豫園に本店がある南翔饅頭店です。

南翔饅頭店南京西路店厨房

南翔饅頭店南京西路店小龍包

南翔饅頭店南京西路店バドワイザー

ここでも小龍包をいただきながらバドワイザー、これも第3のビールみたい。
小龍包は上品で柔らかな味わい、あっさりしていてナンボでもいける。

友人には蟹味噌入りの豚饅、ストローでスープを吸うたびに熱がってました。

南翔饅頭店南京西路店デカ肉まんの汁を吸う

夜は上海雑技団の演技を見て、ようやく観光らしい観光をした感じ。

上海商城劇院空中花

上海商城劇院ワインバランス

上海商城劇院帽子トリック

上海雑技団が19時半~21時、上海のレストランは22時閉店が多いのであせった。

昼間にポルシェや高級車が停まっていたレストランが近くにあったので、
今日こそは豪華に海鮮を食べようと入ってみました。

YUN'S外観

YUN'S店内

YUN'S渡り蟹コショウ炒め中身

一般的な渡り蟹の赤蟹のコショウ炒めをいただきました、これは普通にうまい!
でも、やっぱり上海蟹ですね、モチモチした味噌が印象的でした。

YUN'S上海蟹

YUN'S上海蟹中身

高級店はかたっくるしく、早々に切り上げて昨夜盛り上がった店へ移動。

23時と遅い時間にもかかわらず10分待ち、やっぱ人気の店ですね~
なんで来たかって?昨日食べたかったカレーを食べるためです。

査餐廳エビ玉、カレー、青菜

定番のエビ玉以外に、このカレーを注文している人が多かったからです。
日本のカレーとは違い、クリーミーな野菜煮込みって感じです。

査餐廳チキンカレー

チキンカレーを注文したけど、野菜もたっぷりでご飯が欲しくなります。
最後の夜も食事を堪能して、俺らしい1日になりました。

FC2Blog Ranking クリックポチッとクリック応援お願いします!

【2010/12/05 22:00 】 | 中国・韓国旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
上海5日間上海前編
昨夜は3時まで飲んでいたせいか、10時半と遅めの起床でした。
眠い目をこすりながら上海市内観光スタートです。

観光といってもメインは「食」、三大美食街の黄河路美食街へ行ってみた。
中心部の人民広場から近く、人気の小龍包の店である佳家湯包へ。

佳家湯包外観

佳家湯包店内オヤジ

店内は活気があり、やる気のない店主らしきオヤジ以外は一所懸命に働いている。
ほとんどのメニューが売り切れ、蟹の小龍包22.5元のみがあった。

佳家湯包蟹小龍包22.5元

ええ意味で雑な感じの小龍包で、点心というより食事な感じがしました。

軽く食べ終えて店を出ると、目の前に行列の焼小龍包の店を発見!!!

小楊生煎館黄河路店外観

小楊生煎館黄河路店鉄板

小楊生煎館黄河路店焼小龍包5.5元

小楊生煎館黄河路店焼小龍包を食うHIDEYU

いつも食べる小龍包と違い、カリッと香ばしい皮からたっぷりの肉汁が!
それにメチャ熱い!!!少し噛んで中のスープを飲むが、また熱い!
普通ならなくなってる中のスープが、まだ出てくるんかって感じ。

これで4個5.5元はめちゃくちゃ安いですわ、ええの発見したな~

小龍包を堪能した後は、三大美食街巡りで乍浦路食堂にて食事です。
焼そばを注文すると麺を打ち始め、湯がいてから作ってくれます。

乍浦路食堂手打ち麺

乍浦路食堂焼そば

この2品だけでも16元、220円程度とお安いランチになりました。

たっぷり食べたので、腹ごなしで定番のエリアまでぶらり歩きました。

外白渡橋の向こうにタワー

黄浦公園ではがんばって働く清掃員がいるのに1人だけ爆睡してて、
やっぱ中国っておおらかな国やなって思いました。

黄浦公園の清掃員爆睡

黄浦公園から上海タワー

有名な庭園の豫園を見学し、その後は周辺のお土産街へ行ってみた。

豫園内園古戯台

豫園庭園

上海老街の夜1

上海老街の夜2

そろそろ、おなかがすいてきたので蘇州麺を食べようとタクシーで移動、
お目当ての店が見つからず、代わりに行列の店を発見。

上海でこんなに並んでいる店は初めて見た!整理券をもらって待つことに。
待つわ、待つわ、結局30分も並んで待ってしまいました。

査餐廳30分並ぶ

査餐廳店内混雑

ビールを注文したら、割れたグラスを平気で出してくるところが笑えた。
これもまた海外でしか味わえない、おおらかなノリである。

査餐廳割れたグラス

査餐廳エビ玉と炒飯、空心菜

みんなが注文してるエビ玉はふわふわで、ぷりぷりの小エビがおいしかった。
調理法から選べる空心菜もガーリックが効いてておいしかった。

査餐廳で三徳利麦酒(サントリービール)、青島麦酒(チンタオビール)、
三徳利は第3のビール以上に軽くて薄かった。

査餐廳で三徳利麦酒、青島麦酒

査餐廳商品棚

メニューから気になっていた出前一丁、ほんまにあるし注文してみた。
具材をハムにすると家で作るインスタントラーメンそのものでした。
しかも袋麺に付いてるゴマ油を手渡しされました(笑)

査餐廳出前一丁とスパムハム

もう1品締めで食べようと、数種の野菜を調理法から選べる料理で、
白菜をガーリックで炒めてもらいました。

査餐廳白菜大蒜炒め

これだけ食っても200元ほどで、3000円弱って感じでしょうか。
この店、喫茶店メニューのトーストやパスタ、スイーツまであります。

そして今宵は新天地へ行き、中国のCLUBシーンを見学して飲みまくり。

FC2Blog Ranking クリックポチッとクリック応援お願いします!

【2010/12/04 22:00 】 | 中国・韓国旅行 | コメント(3) | トラックバック(0)
上海5日間蘇州編
12月2日~6日まで蘇州上海と1人でぶらり旅行してきました。
マイレージで行くのに燃料税やらパスポート更新で+2万円かかり、
予想外の出費もありましたが現地は安上がりで食いまくり!

1元は約14円、初日は空港に着いてすぐにバスに乗り3時間で蘇州へ。
蘇州の街角の食堂で晩御飯、子供が会計やらホールをやってます。

蘇州の食堂焼き飯6元

蘇州の牛肉炒飯は6元で大盛り、これ1品で腹いっぱいになります。

翌朝はガイドブックに載っていた蘇州麺の店へ、朝から賑わっています。
同得興は入口横で食券を買い、厨房でラーメンを受け取ります。

同得興店内

同得興水晶担麺20元

水晶担麺20元は透き通ったスープでありますが、なかなか脂っぽい濃さ。
この細麺といい、博多ラーメンを思い出します。
中華系スパイスも感じなく、日本人が好きな味やと思います。

その後は人気の庭園を回って、蘇州をぶらぶら散策しました。

蘇州網師園で遊ぶ子供たち

蘇州網師園で遊ぶ子供たちに癒されたり、獅子林の庭園で感動したり。

獅子林船のような館

獅子林を見学した後に近くの食堂で麻婆豆腐とホウレン草の炒め物15元。

獅子林前食堂

獅子林前食堂メニュー

獅子林前食堂麻婆豆腐とホウレン草

ここの麻婆豆腐は激辛、独特のスパイスで日本人は苦手な味やけど俺は好き。
ご飯は1元だけにパサパサ、おかずを乗せるとええ感じになります。

夜はアトラクションのような山塘街水路という街に行き、夜の蘇州を満喫。

山塘街水路

山塘街運河を行く船

山塘街中心部

2日間の蘇州滞在も終え、夜に新幹線に乗って上海へ向かいました。

中国新幹線先頭

中国新幹線車両

これで41元で50分ほどの旅、人気なのか?すぐ予約できたのが1時間後。
上海で友人と会い、ちょっと豪華な中華は1品30元~50元。

港匯レストラン前菜

港匯レストラン麻婆豆腐と牛肉激辛

港匯レストラン空心菜

やっぱ中華で注文しちゃうのが空心菜、相変わらずうまいし、すべらない!
昼間も食べたけど麻婆豆腐、これは上品な辛さでしたね。

その後は上海のアイリッシュパブのような外人の多いCLUBで酒を飲んだ。

FC2Blog Ranking クリックポチッとクリック応援お願いします!

【2010/12/03 20:00 】 | 中国・韓国旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad